その2…LEDの色は何色? - LEDを知ろう!

LED工房WEB

お気軽にお問合せ下さい

LEDを知ろう!

その2…LEDの色は何色?

更新日:2012年02月08日

LED発色の仕組み

LEDには色があります。

信号機に使われる赤色や緑色。
高速道路の案内板などで見かける青色
LED照明で使われている白色・電球色など、
さまざまな色がLEDにはあります。

LEDの発色パターン

LEDの色には2パターンあります。
「LEDが光を発する色」と「2色以上の光を混ぜた色」です。

「LEDが発する光」で色が決まるは
赤色・緑色・青色などのLEDです。

赤や青、緑など色が異なるのは
LEDチップに使われている化合物が違うからです。

ガリウム(Ga)・インジウム(In)・窒素(N)・
アルミニウム(Al)・リン(P)など
半導体を構成する化合物によって放出される光の色が異なります。
光の色は波長によって決まります。

  • 450nm前後が青色に見えます
  • 520nm前後が緑色に見えます
  • 660nm前後が赤色に見えます

2色以上の光の色を混ぜるのは白色光のLEDです。

青色LEDと黄色の蛍光体を組合せると白色LEDになります。
青色と黄色は補色の関係にあるので、白色になります。

LEDで白色光を作る仕組みは他にあります。
シングルチップ方式とマルチチップ方式で仕組みが異なります。

シングルチップ方式

「青色LEDと黄色蛍光体との組合せ」と
「紫(近紫外)LEDとRGB蛍光体の組合せ」があります。

マルチチップ方式

RGBの3色LEDの混色で白色LEDにする方法と
青緑LEDと赤色LEDの補色関係にある2色のLEDを混色して
白色LEDにする方法があります。

次回予告…LEDって何色?「LED発色の仕組み」

地域別設置事例集

最新記事

カテゴリー

過去の記事

メルマガ購読

メールアドレスを入力してください:

配信: FeedBurner